HOME > 高品質&低料金の理由

高品質&低料金の理由

警察庁が2013年3月に発表した「2012年中における探偵業の概況」によると、2012年末における探偵業の現存届出件数は5,546件。個人の探偵が4,090件、法人が1,456件で約73%が個人運営の事務所という割合になっています。探偵業の届出そのものは難しくありませんが、探偵業法に基づき事務所の立ち入りで違反や不備が見つかり廃業していく業者も多く、年間に相当数入れ替わっている様です。

こういう実態があるうえに、ほとんどのお客様が初めて探偵を使う方々です。浮気調査を依頼しようと考えるどういう方法で業者を選定すべきでしょうか?

いくつかのポイントがありますが、簡単にできることは「事務所を自分の目で確かめる」ことです。
打ち合わせの際は事務所を指定し、事務所の雰囲気やスタッフの様子を観察してみましょう。
そして、見積もりは明確か、契約や適切かを見極めていきましょう。

弊社ではお客様の幸せ度を高めるべく、低料金でありながら高い調査品質を維持しています。

東京総合探偵社の浮気調査が高品質である理由

法人向け調査で培った調査技術

弊社は昭和54年創業で業歴は35年になります。法人向け調査に特化し、数多くの難題なご依頼にお応えしてきました。その実績で培った技術力を浮気調査という比較的身近な個人向けサービスを適正価格でご提供しております。
東京支店を開設(昭和63年)してからでも約26年と探偵業では老舗の類に入ります。お客様から得た信頼を損なうことがないよう、全スタッフが仕事に誇りを持ち日々調査技術向上に努めています。

浮気調査の現場で活躍する元警察官

日本で唯一の捜査のプロ、警察官(刑事)として特殊任務に就いていた調査員が複数在籍しています。顧問やアドバイザーなどと言った立場ではなく、実際に浮気調査の現場で調査員として動いている元警察官は調査業界でも少ないようです。警察官ならではの嗅覚は予測不能な調査現場で大いに役立ち、調査の精度を高めています。

東京総合探偵社の調査料金が安い理由

固定費の割合が低い

弊社は20数年前より東京支店を営業しているため、個人向けサービス開設に伴う人件費や家賃などの固定費に大きな変化はありません。
また、広告は一切出さない方針で営業しているため、1成約当たり10万円~20万円と言われる広告費(主にYahoo!やGoogleの検索連動型広告)が発生しないため、その分安くご提供できます。

弊社独自の適正価格

電化製品や車などのカタチあるモノと違い、目に見えない調査サービスは比較対象ができにくいものですが、どんなサービスにも適正価格があると考えています。
企業ですから利益がなければ運営できないわけですが、すべてのお客様に「東京総合探偵社に頼んで良かった」と評価していただけるよう企業努力で原価を抑え、調査日数も最小限で済むよう綿密な打ち合わせを行い、弊社独自の適正価格を維持してまいります。

どうぞ気軽にご相談ください。

迷ったらまずご相談を。各種調査内容、料金に関して、その他どんな事でもお気軽にお問い合せください。0120-965-042メールでのお問い合わせはこちらから

法令順守宣言

弊社は如何なる場合に於いても、人権に配慮した調査を実施しております。
探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)に基づき、以下の調査は行っておりません。

  • ・部落差別に関する調査。
  • ・ストーカー等犯罪に絡む恐れのある調査。
  • ・借金状況、預貯金残高、ローン残高などの財産に関する調査。
  • ・盗聴、盗撮、別れさせ工作、退職に追い込む工作などの行為・調査。
  • ・その他公序良俗に反することを目的とする調査。

東京総合探偵社関連サイト

  • 東京弁護士会
  • 警視庁
  • 全調協
  • 法テラス
  • 日本弁護士連合会

関連省庁

  • 警視庁
  • 警察庁
  • 国民生活センター
  • 国家公安委員会
  • 公安調査庁